置き換えダイエットは【いつ】がベスト?効果を高めるには

*

置き換えるタイミングだけじゃない、痩せるためのコツ

食事制限ダイエットや置き換えダイエットで一番気になるのは【いつ】がベストなのかではないでしょうか?

朝、昼、夕とどの食事を置き換えるのが良いのでしょう?

おすすめは夕方!

基本的に朝、昼、夕方、どのタイミングで置き換えても一定の効果は得られるといわれていますが、一番良いのは夕方です。

これは食事で摂取したカロリーが一番消費されにくいのが夕方であること、また夕食の量が多いと睡眠の妨げになりやすいので、美容にも良くないからです。

他にも実践したい、痩せるための食事方法

実は置き換えダイエットで一番重要なのは食事のどのタイミングか?では無いです。

それよりも意識したほうが良い食事方法がいくつかあります。

空腹に負けて続かなかったり、リバウンドしてしまったり、ダイエットがうまくいかない人はもしかしたら食事の仕方が問題なのかもしれません。

 

置き換え以外の食事は低GI食品を選ぼう!

置き換えダイエットで痩せるには何に置き換えるかよりも、置き換えていない他の食事をどうするか?の方が重要です。

置き換えは1食が基本ですが、他の2食が太るような食事をしていては意味がありません。

そこで意識したいのが低糖質の食品(低GI)をなるべく食べることです。

低GIの食品は食べても血糖値の上昇が緩やかなのが特徴で、太り難いとされています。

これは血糖値の上昇を抑え、エネルギーに変換するためにインシュリンというホルモンが分泌されるのですが、

急に血糖値が上昇すると、合わせてインシュリンが大量に分泌されます。

するとエネルギーに十分変換し終わった後も、インシュリンは糖を内臓脂肪へと変換させて蓄えようとします。

お腹だけがポッコリしているなんて人は特にこの内臓脂肪が多い可能性が高く、糖質の取り過ぎが太りやすい原因なんです。

 

コンビニでも外食でもスーパーでも見るべきは炭水化物or糖質量!

以上のことを踏まえると、置き換えダイエットを成功させるには脂質よりも糖に気をつけることが大切。むしろ良質な脂質は美肌に最重要な成分なのでちゃんと摂取したほうが良いのです。

食品には成分表表示がありますが、糖質量はもちろん、炭水化物の含有量を見ることが大切なんですね。

炭水化物は主に小麦や米で作られた加工品に多い傾向にあります。

白米よりは玄米、麺でも大豆麺といった炭水化物量の少ないものを選ぶと良いでしょう。

糖質は甘いスイーツはもちろんですが、果物でもバナナやメロンなどは多いので、比較的少ない、イチゴやラズベリーなどがおすすめです。

ダイエットでお肉を我慢する人がいますが、逆効果。ある程度は肉類を食べましょう。また可能であれば、より魚から脂質を取るのがベストです。EPAやDHAなどオメガ6脂肪酸という必須脂肪酸が摂取でき、肌バリアや再生に貢献してくれます。

 

食事を我慢するのは逆効果!適度に食べること

置き換えや食事制限をする人は、なるべく食べ物を我慢しようとしますが、これはむしろ太りやすい、リバウンドしやすい身体になります。

空腹時間が長いと血糖値は低い状態になります。

すると血糖値をあげようとアドレナリンやコルチゾールといったホルモンが分泌され、食欲促進を促そうとしてしまうからです。

つまり次に食べるときに満腹を感じにくく、食べすぎてしまう可能性が高いということ。

それでも空腹を我慢すると今度はストレスでコルチゾールの分泌が過剰になります。過剰に分泌されるとコルチゾールは代謝を低下させるので、むくみの原因、食べると燃焼しにくい身体へと変貌させてしまうのです。

さらに空腹時間が長い後食べると、血糖値が急上昇することもわかっています。

すると当然インシュリンが大量に分泌されますから、内臓脂肪が増えてしまうわけです。

 

置き換えや食事制限ダイエットのコツはまったく食べないのではなく、少量を回数を分けて食べることがカギです。

血糖値を適度に保つことが、アドレナリンもコルチゾールもインシュリンの分泌も抑えるため、食べすぎ、代謝低下、内臓脂肪の増加を防げるんですね。

なので当然素人考えの断食は絶対にしてはいけません。

 

置き換える食事も低GIを

置き換える食事も同様に低糖質のものを選ぶとより痩せやすくなります。

「そんなに糖質を制限して大丈夫なの?頭がはたらなくなるんじゃ?」

なんて思うかもしれませんが、心配無用。どんなに意識して糖質は必ず摂取してしまうからです。

何も意識しない場合、一般女性は1日に240gも摂取するそうです。例え甘いものを我慢しても、炭水化物や調味料、果物、根菜類、牛乳など糖や炭水化物はいたるところに含まれるので、糖不足になることはありません。

置き換えの場合糖質は1日60gには抑えたいので、意識して低糖質を摂取するくらいがちょうど良いです。

低糖質の食材は色々ありますが、高栄養価で低糖質なのはやはりグリーン野菜でしょう。

ほうれん草、小松菜といったものが代表的ですが、美容にも良いビタミン群が豊富ですし、抵糖質、さらに低カロリーです。

ただ、調理するのが大変だったり、野菜は結構高かったりして中々続けるのが難しいもの。

そんな時おすすめしたいのが粉末タイプのグリーンスムージーです。

 

グリーンスムージーは置き換えダイエットとして有名ですが、文字通りグリーン野菜を中心に果物などを加え、青汁より圧倒的に飲みやすいのが特長。

生のままドリンクとして飲めるので、摂取しやすく栄養も取りやすいのです。

粉末タイプのグリーンスムージーなら、野菜や果物の準備は不要ですし、ミキサーによる調理もいりませんから、手間も時間も少なくて済み、一か月あたりの費用もかなりお得です。

 

 

 

公開日: